不用品回収―粗大ゴミ

粗大ごみの処分に困ったら - 遺品整理

遺品整理

人が亡くなるということは、悲しいことですがかならず起こることです。そしてその人が亡くなるのであれば、その人に属していたモノといったものも整理しなければいけないのは避けられないことです。遺品整理は家族だけでおこなうことも可能ですが、そういったことを代行してくれる専門的な業者があります。

業者のほとんどは不用品回収の業務をおこなっており、一方で遺品整理をおこなっています。「不用品回収なら、遺品も粗雑に扱われるんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、もちろん業務としてはべつのものになりますので、おこなう作業もちがいます。

業者は故人が住んでいた部屋で乱雑に荷物をまとめていくのではありません。遺品を片づけていく一方で、形見分けや貴重品などの選別をおこないます。そして後日自分の目でたしかめて、遺品整理や分別をすることができます。また、リサイクル可能な家具や電化製品については買取をしてくれるところもあります。

hthrse

大切な人が亡くなった悲しみに途方に暮れてしまうことは必然です。しかし、亡くなったあとに残された私たちには時間が流れていくことも必然です。遺品整理をみずからおこなえる心境や状況でない場合や、少しでも早く部屋を引き払うために遺品整理をおこなう必要がある場合は、こういった専門業者に依頼することが賢明かもしれません。

遺品整理の料金は地域や業者によって異なります。依頼にあたって見積もりは無料でしているところもたくさんあるので、一度相談してみるのがいいでしょう。

htrhrjyrst

普通の生活していると可燃ゴミやプラスチック、アルミといった生活ゴミが出てきます。そういう種類の廃棄物は地域が取り決めた曜日によって指定場所に置いておけば専門の業者が作業車に乗って拾いに来てくれます。ですが、ソファや冷蔵庫といった粗大ゴミはどうすればいいかご存知ですか?

そもそも粗大ゴミとは比較的大きなもので、一般的に縦、横、高さのどれかの一辺が30センチ以上あるもののことです。こういったものは生活ゴミ回収専門業者の作業車では処理できませんので、べつの専門業者に委託することになります。

生活ゴミの場合は行政が深く関わっているため専門の業者が費用なしに回収してくれますが粗大ゴミ回収業者の場合は費用がかかります。時折町中で拡声器を浸かって無料の不用品回収の宣伝をしている業者がありますが、多くの場合無許可であるため、あとになって費用を請求され問題になったり、不法投棄につながったりするため推奨されません。不用品回収・廃品回収・遺品整理のことなら「片付けマスターズ」!へお任せください。

回収料金は不用品の大きさによって異なりますが、業者によっては電話一本で粗大ゴミの量や大きさに関係なく自宅まで回収しに来てくれます。引越し業者に依頼するのと同じようにご自身の手をわずらわせる必要もありません。近年ではコンビニエンス・ストアで不用品の種類によって前払いし、家の前に置いておいたものを指定業者に回収してもらう、という方法も定着してきています。

ゴミが大きいので手間も面倒だと思いがちですが、意外と簡単に済ませてしまうので一度地域の不用品回収業者を調べてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー

http://www.dustman.co.jp/ http://www.dayassist.jp/ http://www.catr-therapeuticriding.org/